施工実績

解体工事 市営住宅・RC造5階建 / 大阪府東大阪市(2019年)

土壌汚染対策工事 2,556㎡ 大阪市此花区

アスベスト対策工事 学生寮(吹付け石綿除去工事) 3,351㎡/東京都新宿区(2017年)

解体工事 病院・RC造5階建/大阪市大正区(2017年)

解体工事 ビジネスビル・鉄骨5階建/東大阪市八戸ノ里(2017年)

解体工事 タワーパーキング/大阪市西区(2017年)

解体工事 一般住宅・木造2階建+RC2階建/兵庫県神戸市(2017年)

解体工事 ゴルフ練習場/大阪府八尾市(2017年)※航空法により夜間作業を行っています。

previous arrow
next arrow
Slider

事業内容

総合解体工事

解体工事の手順

  1. お問い合わせ・お見積り

    電話・メールにて受け付けております。どんなことでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

  2. 事前調査致します

    作業場所や建築物等・その周辺の状況等、作業現場を調査し、工事の工程の順序、工程ごとの作業内容、分別解体等の計画表を打ち出します。

  3. 契約

    お打合せで納得されましたら契約成立となり、契約書を取り交わします。納得されなかった場合のキャンセル料はかかりませんでの、ご安心ください。

  4. 諸手続き

    リサイクル法に基づき、各都道府県へ書類(マニフェスト)を提出いたします。

  5. 近隣の方へのご挨拶

    近隣の方に挨拶をし工事期間や連絡先等の説明を致します。作業を円滑に遂行する為に、大切な業務んだと考えております。

  6. 解体工事

    防音シートを張り巡らし、粉塵や建材が近隣の方々の迷惑にならないよう、細心の注意をはらって解体工事に入ります。

  7. 整地

    お客様の現地確認のもと、現地を整地し、お引渡しされていただきます。

  8. 建物滅失届の提出(完了)

    お客様に建物滅失登記を行っていただきます。 当社にご依頼される場合は、お気軽にスタッフにお申し付けください。

アスベスト撤去処理

アスベストって何?

アスベストの種類

アスベストとは、石綿(せきめん、いしわた)と呼ばれる、天然の鉱物繊維です。その名が示すように、綿のように柔らかな繊維で代表的な物は、白石綿(クリソタイル)、青石綿(クロシドライト)、茶石綿(アモサイト)の3種類です。


アスベストが注目されていた理由

日本で使用されているアスベストは大半が輸入品で、主にカナダや南アフリカから輸入されていました。アスベストには右記のような特性があります。このような理由で、「魔法の鉱物」「奇跡の鉱物」ともてはやされました。


アスベストが引き起こす人体への障害

耐火性や断熱性に優れたアスベストは、建材に多く使用されました。保温材・波板・屋根材等人々のすぐ近くにアスベストを使用した製品が並んでいます。髪の毛一本ほどの太さに約5000本も含まれるほど細かいアスベストは、その一本一本は肉眼では確認できず、吸入すると気管から気管支、さらに肺の1番奥の肺胞にまで入り込み、肺に沈着したまま長年にわたり残留します。それが原因となってガン等の深刻な健康障害を引き起こす可能性が出てきます。


アスベスト簡単チェック


アスベストが多く含まれると予想される建材

●住宅屋根用化粧スレート ●瓦風屋根材 ●ケイ酸カルシウム板 ●フレキシブル板 ●窒業系サイディング ●岩綿吸音板 ●Pタイル
●吹き付けアスベスト ●吹きつけロックウール●波形スレート ●押し出し成形セメント板


アスベスト調査

アスベストがあるかどうかわからない時は?

自分の所有する物件の図面に「吹き付けアスベスト」と表記されていれば、アスベストを使用しているという事は明白です。ただ、建材の名前や、「パーライト吹き付け」等、アスベストが含まれているかどうか不明な場合は、現物の一部をサンプルとして分析する必要が出てきます。
分析は自分自身では行えませんので専門の機関に依頼する事になります。料金も結構かかるので、いいかげんな業者に頼んでは絶対にいけません。

木造家屋のチェックポイント

鉄骨・鉄筋の建物チェックポイント


アスベスト施工手順

アスベスト粉塵飛散防止処理概要


アスベスト除去処理工事の手順


一般土木・建築工事

一般土木業

とび・土工工事業 大阪府知事許可 (特-29)第83052号

人と自然との共生を目指し、暮しやすく住みよい地域づくりをテーマに一般土木事業の分野で実績を積んでおります。一般道路の建設や舗装の整備など小さな工事から鉄筋工事施工等の大きな工事まで、お客様のさまざまなニーズに的確にお応えし、新たな技術、工法を積極的に取入れた環境整備を行います。